韓国電子機器産業・市場の展望 2000年

市場の展望 韓国電子機器産業

Add: ydybiqe73 - Date: 2020-11-29 13:48:18 - Views: 8445 - Clicks: 4648

まえがき 「産業用情報処理・制御機器設置環境基準」JEIDA-63-は平成12年7月に JEIDA-29「工業用計算機設置環境基準」から上記のように名称を変更して以来,約6年が経 過した。. (工業化と異なるIT革命の経済的特質) IT革命下のアジア経済における成長、産業高度化、国際分業の変化などについて考える上で重要なのは、第一にITは技術変化が速い上に学習コストが小さいこと、第二にIT経済の発展においては情報・知識資産の価値が本質になるがその投資効率は著しく高いこと、第三に生産性向上においてITと企業組織との間に補完性があること、第四にITの普及が取引費用の低下を通じて消費・生産に対して好循環をもたらすというネットワーク外部性が存在することである。 (アジアにおける今後のIT経済化の多様な展開) IT経済化は、工業化と比べてスピードが圧倒的に速いという特徴がある。このため、現在は先進諸国への輸出拡大によって進んでいるアジアのIT経済化が、域内需要の創出によるものへと転換するにはそれほど時間を要しないであろう。 基盤整備の遅れなどによりIT利用における地域間・階層間の大きな格差(デジタル・デバイド)が生じ、これが所得格差、地域格差を拡大させる可能性がある。 IT経済化においては、知識・情報といった無形資産の重要性が高まり、国際貿易においてもソフトウェアなどのITサー. 年には日本は51%と世界市場の過半を占めるま でになった。(図1)その結果,半導体企業ラン キングで,1986年から1991年まではNEC・日立・ 東芝が上位三位を独占したほか,十位以内に富 士通・三菱電機・松下電子がランキングされ,. についてみると、1980年から年まで電機産業 が輸送機器を上回り、かつ安定的に推移していた。 自動車は年まで10%近辺で推移していたが、 その後上昇に転じて現在は15. 1兆円、 白物3品エアコン、冷蔵庫、洗濯機市場が 20. 本稿は産業発展に与えた産業政策の影響を、時期別に代表的な産業を事例として取り上げて分析した。 1960年代には輸出軽工業の繊維、70年代には重化学工業の造船、80年代前半は合理化政策対象だった自動車産業を分析した。. は自動車業界、クリーン搬送系は電子デバイス業界が主な需要セクターとなっています。 5 出所:富士経済「ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望()」を基に弊行作成 アクチュ エーター系 38% 組立・搬送 系 33% 溶接・塗装 系 29% 年 市場規模 23. 半導体製造装置業界が今、熱い。市況の底打ちが見えてきただけではない。これから半導体市場の爆発的な成長が始まると、製造装置メーカーは確信するようになってきた。「半導体市場は年、100兆円規模になる。トランジスタの誕生から70年で50兆円規模になった半導体産業が、もう1つ.

電気・電子機器(半導体含む) 半導体を中心とする電気・電子機器が発達 半導体のみで韓国の総輸出の2割近くを占める(年) 世界半導体市場において、サムスン電子がシェア第1位(15. wstsによると、ここ10年近く、1桁成長を続けてきた世界の半導体市場規模は、年に2桁成長となり、4087億ド ルとなった(一部推定)。 世界主要国の内需が堅調に推移し、電子機器全般に半導体需要が拡大したからである。. 英IHS Markitのテクノロジー調査部ディレクターである南川明氏が、年12月12日~14日にかけて東京ビッグサイトにて開催された「SEMICON Japan.

1%となっている (図表3)。付加価値において、電機産業のウエー. 参考:Global industrial robot sales doubled over the past five years – IFR 産業用ロボットの年間販売台数は、日本だけでなく世界的に増加傾向です。アジアやヨーロッパでは、高騰する人件費に代わる生産力として、ロボットに期待が寄せられています。 成長を続けるロボット市場の動向を、まずは世界と日本にわけてご紹介します。. 医療機器・医薬品・ジェネリック医薬品の各産業および市場を調べる際. 年 6月 要旨: 韓国の半導体産業は、韓国政府の産業育成と韓国半導体企業の積極的な投資によって 成長した。しかし、韓国企業が強いメモリ半導体は、世界の半導体産業規模の20%強 に過ぎない。. 電子情報産業における注目分野〜車の進化を支える電装機器、caseからみた注目デバイス〜 ・・・・・ 9-10 我が国の製造業における電子工業(ハードウェア)の国内生産・輸出入・我が国の海外現地法人の動向 ・・・ 11-12. 1950年に始まった朝鮮戦争で大きなダメージを受け、1960年代前半まで最貧国のひとつともいわれていた韓国。それが、精密機器の開発や、it 業界. 新エネルギー・産業技術総合開発機構「日本企業の国際 競争ポジションに関する情報収集」 調査結果(富士キメラ総 研)、JEITA「電子情報産業の世界生産見通し」等 〈電子機器〉 (15%、19.

では,年に312億ドルで韓国全体の輸出総 額の18. 電子部品市場は、今後も電子機器や自動車の高機能・高性能化や新興国市場も含めた普及拡大により、継続的な市場拡大が予想されています。 なかでも、「100年に一度の変化」の最中にあるとされる自動車は、EV化や自動運転技術の高度化により、電子部品需要を中長期で飛躍的に拡大していくことが見込まれています。 工場の自動化に伴う高性能なFA(ファクトリーオートメーション)機器や産業用ロボットの需要増大も、今後の電子部品需要の牽引役として期待されています。くわえて、IoT、5G(第5世代移動通信)、AI(人口知能)などの潮流が、あらゆる産業分野での技術革新を促進させ、高性能な電子部品を必要とする新たな用途を生み出していくことが期待されています。 世界の電子部品市場では、年代以降、台湾系や韓国系、中国系などのアジア系電子部品メーカーの台頭が進み、グローバルでの競争が激化していますが、依然として日本の電子部品業界は世界シェアの4割近くを占めています。 IT・エレクトロニクス技術の高度化が一段と進み、市場変化のスピードも一層早まる中で、今後も日本の電子部品業界は、市場で高い存在感を示し続けることが予想されます。. 5% ) 一方、生産拠点の海外移転や. 電子産業のなかで貿易赤字が大きいのはコンピューター関連装置と通信機器である。 年の赤字額はそれぞれ、1兆6450億円と2兆870億円に達する。. 健康分野を戦略市場として特定し、関連産業活性化に向けて、医薬品や医療機器等の輸出促進に係る施 策を推進する方針が打ち出されている。 世界の医薬品、医療機器市場を見渡すと、米国は最大のマーケットである。.

フィリピンの電子産業の市場規模をうかがう場合、フィリピンで生産される 電子関連製品は、そのほぼ全量が輸出向けであることから、フィリピンからの 電子機器類の輸出額そのものを業界規模として見ることができる。. 人口減少や超高齢社会など、これからの日本社会を見据えると、働き手の確保は難しくなっていきます。また世界的にも人件費が高騰し、海外に製造工場を置いていた企業も効率化は必要になるでしょう。 こうした背景から、産業用ロボットの需要は今後ますます増加していくと考えられていますが、SIerの不足や現場のロボットに対する理解不足といった課題も残っています。これから産業用ロボットをより普及するためには、こうした課題の解決が必要です。 現在、メーカーと行政は導入の補助金制度や講習会なども積極的に実施しているため、現場の産業用ロボット理解も徐々に進んでいくと考えられます。これからの産業用ロボット市場動向にも目が離せません。. 年 国家電子産業政策 電子機器の内需拡大に伴う貿易赤字の解消を目的とした産業振興策。 生産拠点のインフラ整備に対する補助金、生産設備への投資に対する税金還付、. 【tsutaya オンラインショッピング】韓国電子機器産業・市場の展望 年/ tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. 家電業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。 年-年の家電業界の業界規模(主要対象企業34社の売上高の合計)は48兆6,190億円となっています。. · Report Oceanのプレスリリース(年12月10日 01時48分)自動車、電気、電子機器などのエンドユーザー産業からの需要の増加は、年までCAGR 5.

1兆円) 〈コンピュータ及び情報端末〉. See full list on careerticket. 参考:平成22年ロボット産業将来市場調査(経済産業省、NEDO) 経済産業省と国立開発研究機構のNEDOは、サービスロボットを含む国内のロボット市場規模が年には5倍以上成長するとの見解を示しています。 少ない人材でこれまで以上の生産性を生むために、産業用ロボットに注目が集まっているのです。これから人口減少と高齢化のスピードはますます上昇していくと予想されており、産業用ロボットへの期待が市場規模拡大につながっていると言えます。 今後の産業用ロボットは、具体的にどのような場面での活躍が期待されているのでしょうか。次に、これから特に注目したい業界の動向をご紹介します。. See full 2000年 list on www5. 医療機器市場の規模(年). 電子情報技術産業協会(JEITA)によると、年の電子部品世界生産額(日系企業+海外企業)は、2兆9,345億ドルそのうちの12%が日本企業です。 出所:JEITA - 電子情報産業 世界生産性見通し(年12月) 特に電子部品の世界生産額に占める国別のシェア比は日本が最も高く、年は38%を見込んでいます。 電子部品業界では、年以降、携帯電話市場の拡大が電子部品需要の成長を牽引し、さらに年代後半以降は、スマホの高性能化と世界的な需要増大が業界の成長を牽引してきましたが、自動車の需要も伸びています。 ほかにも、工場の自動化による電子部品需要増やスマホ向け二次電池の用途拡大(ドローンなどに応用)など、スマホ以外の分野でも需要が増大しています。 そうしたなかで、日本の主要電子部品メーカーは、これまで成長を牽引してきたスマホ用部品に替わる新たな市場開拓を重視し、中長期の高い成長が期待される「自動車関連」を筆頭に、「産業機器・ロボット」「医療関連」「ウエアラブル機器」「IoT(モノのインターネット)関連」など、さまざまな分野に向けた営業・マーケティング活動や技術開発の強化に取り組んでいます。 これらの新規市場開拓や新規ビジネス創出を目的に、主要日系電子部品メーカーによる、海外企業買収などの動きも近年は活発化しています。.

See full list on robot-befriend. 一般社団法人 日本電機工業会(jema)は日本の電機産業の国際競争力を強化し、社会・生活インフラの改善と向上を図り、持続可能な世界の進展に貢献するために持続的発展のための施策立案・推進をはじめ、国レベルの技術研究開発への協力・支援、エネルギーの安定供給と利用の高度化. (先進国におけるIT経済化) IT革命は、知的な生産性を向上させることによって、経済成長を加速する。また、高度で密度の高いコミュニケーションを可能にすることにより、企業や市場という経済組織のあり方を大きく変えるばかりでなく、家族や地域社会とそこに帰属する個人の関係ひいては国家のあり方に至るまで、社会構造も変革を遂げると考えられている。 アメリカでは、労働生産性が飛躍的に向上し潜在成長力が高まるなど、「ニュー・エコノミー」へと経済が脱皮しつつある。新しい産業・雇用の創出やサービスの質の向上、物価の低下などの成果もみられる。また、IT経済化はアメリカにとどまらず、日本や欧州諸国では、通信手段や端末の多様性という新しい展開も示している。 (アジアにおけるIT経済化) アジアの経済活動はIT関連機器の生産に負うところがかなり大きい(第2-1-1図)。このようなIT関連機器の生産拡大は、単に主要輸出先であるアメリカなどにおけるIT関連機器への需要拡大によってもたらされたという他律的な面がある。しかし、アジアにおけるIT経済化の進展はハードウェアの生産に限られるものではなく、携帯電話の急速な. 韓国電子機器産業・市場の展望 年 /富士経済の価格比較、最安値比較。(7/11時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:カンコク デンシ キキ サンギョウ シジョウ ノ テンボウ |発行者:富士経済|発行者カナ:フジケイザイ|ページ数:195p|サイズ:30】.

韓国電子機器産業・市場の展望 2000年 1999年前半の時点では、東アジア地域の各国政府や国際機関は、東アジア地域経済は回復するものの、そのテンポは緩やかなものにとどまると見込んでいた。実際にはそれらの見通しを大きく上回るスピードで東アジア地域の景気は回復している。 (急回復の要因) 景気回復の第一の要因である輸出の大幅増加は、世界的なIT関連機器等の需要増と東アジアの域内貿易の回復によってもたらされた(第1-1-6図)(詳細は第2節)。 景気回復の第二の要因は、在庫調整の終了である。通貨・金融危機が発生した直後から、国内の金融混乱や部品・原材料の輸入困難により、生産と在庫がともに減少するという在庫調整局面が始まったが、財政金融政策の緩和と輸出増から需要の回復が始まると、アジアNIEsでは99年4~6月期に在庫調整が終了し、ASEAN4でも、98年後半には生産の下げどまりがみられ、99年には在庫の減少が小幅になる中で、生産は増加している。 景気回復の第三の要因は、個人消費の増加である。失業率の動向をみると、危機前の水準に比べれば雇用情勢は依然として厳しいものの、生産活動が活発化するにつれて上昇傾向が止まり、回復スピードの速い韓国などでは低下傾向にある。韓国の家計調査を用いて消費性向の動向をみると、99年後半の消費性向は危機前よりも約3%ポイントも高くなっており、98の買い控えの反動がみられる。 (一様ではない東アジアの景気回復) 東アジアの景気回復は必ずしも一様ではない。通貨危機に見舞われた諸国で回復が始まったのは、韓国が98年10~12月期からと最も早く、続いて99年前半にフィリピン、マレイシア、タイが回復し始めた。しかし、インドネシアで回復が始まったのは99年後半からである。 こうした回復テンポの違いの背景には、基本的に(1)ショックに対する調整速度の差、(2)産業高度化の差といった経済構造の違いがあると考えられる。韓国の回復が早かったのは、他の国に比べショックに対する調整が速い上に、域内の負の循環から受ける影響が小さかったからであろう。韓国とそれに次ぐマレイシアの回復の力強さは、IT関連機器等の高い輸出競争力に支えられている(第1-1-14図)。他方、インドネシアの回復が特に遅れたのは、通貨危機に政情不安の影響が重なったためであり、世界的なIT関連需要の拡大から受ける恩恵も小さかったものと考え. 東アジア経済は、97年の通貨・金融危機によって深刻な不況に陥りましたが、その後は大方の予想を上回るスピードで急回復しています。この急回復の要因や構造改革の進展状況を体系的に整理しておくことは、東アジアの経済の現状を理解し、将来を展望する上で欠かすことができないものです。また、世界的に情報技術(IT)革命が進行する中で、アジア経済は新たな発展の機会と挑戦に直面しています。今後のアジア経済を展望する上でITは極めて重要な要素となっています。 第1章では、東アジアの急回復に焦点を絞って、(1)なぜ予想以上に急回復したか、(2)輸出が増加したのは何故か、(3)資本の流れは変わったか、(4)金融システムは強化されたか、(5)構造改革への取組は続くか、という5つの基本的設問に答える形でまとめています。 第2章では、IT革命下のアジアにおける新たな経済発展について幅広い展望を試みました。東アジアはIT関連機器分野という急速に成長する市場において一定の地位を確立しましたが、自らITを駆使して新しい知的な価値を創造していかなければ、IT革命がもたらす経済発展の機会を真に活かしているとはいえません。アジアの各国・地域は「雁行形態」と呼ばれる産業構造高度化の経路をたどって次々と工業化を進めてきましたが、ITの浸透においてはそのような予見性の高い道程は用意されていません。各国・地域それぞれの特性を活かすための創意工夫が求められています。 第3章では、貿易、直接投資、為替レート、財政金融の最近の動向を分析し、各国・地域の動向を比較しやすいよう、共通の様式でまとめています。また、長期にわたる比較統計がとりにくいアジア各国・地域の60年代以降の主要経済指標などの参考資料も掲載しました。 本レポートは、アジア問題や経済問題の専門家以外の方にもわかりやすい内容になるように努めております。アジア経済について理解を深めていただく上で一助となれば幸いです。 平成12年6月 経済企画庁調査局長 小峰 隆夫. Amazonでの韓国電子機器産業・市場の展望 年。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また韓国電子機器産業・市場の展望 年もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. アジア各国・地域経済のIT経済化の現状と将来を総合的に評価するために、限られた範囲ではあるが比較的入手し易く、国際比較も容易な統計数値に基づいて指標化を試みた(第2-3-1図)。(注:今回の指標は、データの制約がある中で、あくまで試算として作成したものであり、ひとつの目安とされたい。) IT経済化の進展を左右すると考えられる各国のインフラの整備、普及状況(基盤指標)は、ほぼ一人あたりの所得水準に見合った状況となっており、IT経済化を物的に支えるIT関連機器の生産力(産出指標)では雁行形態的な特徴がみられる。一方で、ITを活用したソフトウェアやコンテンツなど知識産業の発展可能性に関連のある知識水準(知識指標)は、所得水準とも雁行形態とも全く異なるパターンを示している。 (参考)IT経済化指標の作成方法 NIEs、ASEAN4、中国、インド、米国、日本の計12か国について、IT産出指標、IT基盤指標、IT知識指標のそれぞれについて関係があると考えられる個別統計を収集し、集計に当たっては、標準化の上、単純合計して平均値を求めた。取り上げた統計は以下の通り。 (1)IT産出指標-OECD. 7% を占めたという。 サムスン・グループの売上高は,年132 兆ウォンから年155兆7千億ウォンへ, 純利益は年7兆6千億ウォンから年.

韓国電子機器産業・市場の展望 年 /富士経済の価格比較、最安値比較。(12/8時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:カンコク デンシ キキ サンギョウ シジョウ ノ テンボウ |発行者:富士経済|発行者カナ:フジケイザイ|ページ数:188p|サイズ:30】. 電子部品メーカーとは、私たちが目にするテレビやスマホ、自動車などに使われている電子部品を作っている企業です。 電子部品の使用用途は幅広く、テレビやブルーレイディスクレコーダなどのAV機器、エアコンや冷蔵庫などの白モノ家電をはじめ、スマホ/タブレット端末などのモバイル機器、パソコン/コンピュータ機器、事務機器、製造装置/工作機械、通信・放送インフラ、計測器、自動車、医療機器、電力設備、航空宇宙関連などあらゆる製品に搭載され、電子部品産業は、これらの機器・システムを支える基盤産業として重要な役割を担っています。 電子部品の種類は、電子回路基板に使用される回路部品、電気的接続を担う接続部品をはじめ、変換部品、電源部品、高周波部品などに分類され、品目別では、コンデンサ、トランス、抵抗器、コネクタ、スイッチ、リレー、音響部品、小型モーターなど数多くの種類があります。 日本には多くの電子部品メーカーがあり、連結売上高が1兆円を超える大手から中堅・中小企業まで企業規模はさまざまですが、それぞれの企業が得意とする製品ジャンルやアプリケーション分野を持ち、強みを活かした事業を展開しています。. 出所: 朱大永 「半導体産業の現況と展望」産業研究院報告書, 1997年10月, 5ページ; 『日本経済新聞』1998年1月6日, 年1月7日 より作成。. 1兆円) 〈av機器〉 (32%、6. 5兆円。 •日系企業は電子部品・デバイス産業で相対的に高いグローバルシェアを獲得している。. 液晶テレビ産業における日本企業の革新と衰退 西 澤 佑 介 1 はじめに 1990年代初頭,「電子立国」と讃えられた日本のエレクトロニクス産業は,その後の20年あ まりの間に,世界的な栄光から短期間のうちに滑り落ちる特異な経験をした。.

3億ドルであった(韓国産業通商資源部。日本は第6位の投資国)。 (3)日韓の産業構造は似通っており(電子・電気機器、自動車、鉄鋼、船舶等)、産業内貿易が多くを占める。. 産業の変遷は、技術革新に着目すると、インターネットが普及した1995年以降、そしてモバイルの本格的普及 とクラウドの登場に代表される年以降と、おおむね10年ごとにわけて特徴づけることができる(図表 1-3-1-1)。. 2倍の84億人になり、電子機器を利用する人口割合の増加やiotの普及により生成されるデジタルデータ. デジタルカメラの出荷台数は年の1億万台をピークに年々減少し、年は1500万台まで縮小した。 世界シェアトップはキヤノンで、ニコンとソニーが続き、3社でデジタルカメラ市場の85%以上を、また一眼レフやミラーレスなどレンズ交換式カメラは. 電子部品メーカーのビジネスモデルは、ユーザーであるセットメーカー(完成品メーカー)向けに製品を製造販売するBtoBが基本 であり、電子部品メーカー各社は、セットメーカーが要求する仕様に応じた電子部品の開発に日々取り組んでいます。 具体的には、業界ニーズである軽薄短小化や高品質化、省エネ化、多機能化、大容量高速伝送対応、耐熱性向上、高信頼性、長寿命、使いやすさ、安全性向上、低コスト化などに照準を合わせた電子部品の技術開発に力が注がれています。単品部品開発に加え、複数の部品を組み合わせたモジュール部品の開発を手掛ける企業も増加しています。 近年は、業界のグローバル化進展に合わせ、日本の電子部品メーカーのグローバル展開も一段と進んでいます。多くの主要電子部品メーカーは、売上高に占める海外売上高比率が7割を超え、企業によっては8割から9割に達するケースもみられています。 製造面でも、多くの企業が量産の主力を中国・東南アジアを中心とした海外生産に移行させており、国内工場では、次世代向けの高付加価値製品の製造などが実施されています。. 韓国電子機器産業・市場の展望(年) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

韓国電子機器産業・市場の展望 2000年

email: wylezeni@gmail.com - phone:(827) 680-3019 x 4569

出帆 忍び家族 - 喜安幸夫 - 内藤幸穂 上水道流量表

-> ポケット 正常画像 AtoZ<改訂第2版> - 後閑武彦
-> 須磨一弦 - 船橋貞子(1935-)

韓国電子機器産業・市場の展望 2000年 -


Sitemap 1

実戦 ボトムアップ・マーケティング戦略 - アル・ライズ - 汎用サイズ ポケット